2017年10月一覧

農薬散布の健康被害調査について 佐久総合病院名誉院長 日本農村医学学会名誉会員 松島松翠先生

農薬の空中散布により、健康被害が発生したことから、佐久総合病院の諸先生方が、健康調査をしてくださった。その結果、散布と健康被害の関係は、証明...

記事を読む

長野県で実際に起きた健康被害の訴え

私達、「こどもの未来と健康を守る会」のメンバーは、長野県知事に対して、空中散布中止の要望書を提出した。そして、「空中散布有り方検討委員会」が...

記事を読む

長野県でも、ミツバチの大量死が・・・

長野県の養蜂家の方の、報告です。

記事を読む

NO IMAGE

有機リン農薬で、こどもが発達障害。

現在も、有機リン農薬の空中散布が行われているところが、あるかもしれません。長野県でも、去年までは、使われていました。現在でも、長野県では、養...

記事を読む

NO IMAGE

ネオニコチノイド農薬で、ミツバチが大量死。

ネオニコチノイド農薬の生態系における被害は、全世界で報告されています。勿論日本でも。ハチが、本当にいなくなっている・・・・

記事を読む

群馬県元知事は、神経毒の農薬の危険性を警告していた。

 当時、有機リン農薬を、空中散布していた群馬県。農薬中毒の健康被害が、多発したため、全国知事会でも、そのことを、アピールしていた。

記事を読む

松枯れのために散布されているネオニコチノイド農薬は、濃すぎる!

希釈倍率が、10倍程度で、散布されているネオニコチノイド農薬。民家のすぐそばで、撒かれるため、息が苦しくなる、血圧急上昇など、健康被害も発生...

記事を読む

ネオニコチノイド農薬のこどもの脳に与える危険性

「美味しんぼ」第105巻の190ページから、農薬(ヘリコプターによる農薬の空中散布にも使われている)ネオニコチノイドの危険性が、書かれていま...

記事を読む

農薬散布の問題点その1

 現在、長野県で使用されている農薬は、主にマツグリーン2ですが、この成分内容は、情報公開されていません。マツグリーン2の成分表には、アセタミ...

記事を読む

HPを一般公開しました

「こどもの未来と健康を考える会」は農薬とこどもの発達障害の現状を全国の皆さんに知っていただき、この状況を変えていくためホームページにて情報を...

記事を読む