はじめに

2018年現在日本各地で松食い虫防除のために農薬の空中散布が行われています。
この農薬、実は各種研究機関により人にも発達障害を起こす可能性が指摘されている神経毒農薬(ネオニコチノイド系、有機リン系農薬)なのです。

実際、長野県上田市では空中散布された農薬のため、子ども達が発達障害を引き起こしていることが認められました。

そもそも松食い虫防除に効果があるのかどうかも疑わしい状況でありながら、子ども達に発達障害・健康被害を発生させてしまっているのです。様々な危険性が指摘されている中、松本市は、新たに保育園の近くの散布を予定しています。長野県の防除基準では、人家などの生活圏から、200メートル離すとなっていますが、散布された薬剤は、数キロ先まで飛散することが確認されていることから、アメリカなど諸外国では、5キロの距離をとることとされています。(空中散布は、EUは禁止)200メートルの根拠がわかりません。
しかも、この農薬散布は私たちの税金を使って行われています。

私たちの払った税金で子ども達を傷つけたくありません。私たちは加害者になりたくない。

そこでこのホームページで情報を発信していこうと決めました。
是非、このホームページをご覧いただき現状をご理解いただきますとともに、未来を担う子ども達のためにも松本市の農薬の空中散布をやめていただくための活動にご協力をいただけましたら幸いです。

健康被害の動画をご用意させていただきました。(上田市のもの)
まずはこちらをご覧ください。

「松本市空中散布中止を求めるアクション!にご協力ください。」

世界的にも、禁止・規制となっているネオニコチノイド系農薬の空中散布を、松本市は、新たに保育園の近くで計画しています。神経毒のため、多くの健康被害が予想されます。この農薬の危険性を、電話・FAXで、松本市に知らせてください。皆さんのお力添えで、子ども達の命を守りたいと思います。

松本市 松枯れ防除のための空中散布担当 耕地林務課
電話 0263-34-3224
FAX 0263-36-6217

シェアする

フォローする